S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
浴衣&夏きものご紹介
こんにちは。
渋谷東急プラザ店の酒井です。

すっかり初夏の陽気ですね。
5月ももうすぐおしまい…ということは、
そうです。衣替えの時期です。

6月からは袷の着物(=裏地の付いた着物のことです)はひとまずお休みになり、
単衣の着物(裏地が付いていない仕立ての着物です)に衣替えをします。

単衣の着物は6月と9月に着るものです。
7月・8月はさらに暑いので、夏物の着物(絽や紗などの透けている生地でできた着物)を着るのです。

単衣の着物・夏の着物も見た目に涼やかでとっても素敵なものですので、是非挑戦してみてください。

c0135452_072739.jpg

単衣の着物・夏の着物(正絹)
リサイクル品     …¥15,750~
新品お仕立て上がり…¥39,900~












衣替えの機会に、ワンシーズン着た袷の着物をクリーニングしておきたい!という方は
たんす屋をどうぞご利用ください。
着物の丸洗い¥3,150にて承っております。
(振袖・留袖は¥3,675)




さて、夏のお楽しみといえばやはり浴衣は欠かせないですよね(^o^)
着付けも着物に比べてお手軽なので、花火大会はもちろんちょっとしたお出かけにも良いですね♪
今年もたんす屋オリジナルをはじめとして可愛い柄の浴衣がたくさん入荷しています。

c0135452_0275943.jpgc0135452_0281690.jpg















粋なものからラブリー系、モダン系までさまざまなテイストが揃っています。
お値段もお手ごろなので沢山揃えていろんなコーディネートを楽しんでください。
浴衣 …¥2,940~
半幅帯…¥1,575~

c0135452_0372529.jpg

















c0135452_0405928.jpg
こちらはアレンジ自在の飾り紐です。帯締めのように結んでいただくと、ワンポイントになってお洒落です。
使い方はアイデア次第。
個性的に浴衣を着たい方におすすめです☆

ビーズ付き飾り紐・パール飾り紐…各¥1,575









渋谷にお越しの際は、是非たんす屋へ遊びにいらしてくださいね。



たんす屋渋谷東急プラザ店

渋谷区道玄坂1-2-2 渋谷東急プラザ4F
TEL 03-3780-1540
営業時間10:00~20:00
[PR]
by kimonods | 2008-05-27 20:48 | おすすめセット
。○小袖道場店○。
こんにちは
小袖道場の山田です。


木々に新しい葉っぱが付き始めて、色々なところで青々とした緑を目にする事が出来るようになってきますね。
そこで、今回のおすすめセットは新緑をテーマにしてみました

c0135452_14275821.jpg

c0135452_1429342.jpgc0135452_14295362.jpg














シンプルな色合いの着物にベージュっぽい色合いに緑の縞が入った帯を合わせて、
半衿にも緑の市松模様のものを合わせてみました。
小物も、先日入ってきたばかりの浴衣用の小物を合わせてみました
帯の上にもこもこと付いているのは兵児帯になります。帯が黄色っぽいので、それに合わせて、黄色い兵児帯にしてみました。長いので、帯の中に細かく入れ込んでいっても大丈夫で、後ろでもふわっと可愛くまとめられます
あと、帯〆もパールが涼やかなイメージを出していますよね?これも、緑で統一感を出しました。

浴衣用として販売はしていますが、今からの時期だと、涼しさを出すのに着物に使っても良いと思いますよ*

半巾帯の結び方は、シンプルな着物を地味にしないように大胆な大きい羽根を作ってみました。


半巾帯は、本当に色々な形に変身するので、すごく楽しいですよ
特に、今からの季節、浴衣から着物まで大活躍すること間違いなし!!

でも、半巾帯で結べるのは「文庫結び」だけで、他のを知らない。という人が多いのではないでしょうか?でも、それだと面白くないですし、皆と違った結び方をしたいですよね?

そこで、着付け教室をやっている小袖道場が現在、企画している期間限定の講座を始めました!!
『半巾帯 初級結び方教室』
受講料:525円  
※たんす屋で浴衣もしくは半巾帯をお買い上げいただいたお客様にはなんと無料!

是非是非、参加して戴いて、半巾帯の可能性を広げてみませんか??
講座の予定や申し込みは下記のところでお願い致します。

*********************************
所在地 :渋谷区渋谷1-6-8 清水学園ビル1F
問合せ :03-3498-7772
営業時間:11:00 ~ 19:00
*********************************
[PR]
by kimonods | 2008-05-13 15:01 | おすすめセット
いよいよ明日!たんす屋落語寄席♪

こんにちは。たんす屋青山店の齋藤です。
今日は雨まじりの曇り空ですが、明日は晴れ間ものぞくそうです。
お着物で落語へお出かけには、ちょうどいい天気かもしれませんね♪
明日開催、たんす屋落語寄席のご案内をいたします。

■開場時刻、終了時刻について■
11時30分開場、12時開演です。
お席は自由席ですので、お越しいただいた順番のご入場となります。
お早めのお越しをおすすめいたします。

・終了時刻は14時30分を予定しております。

■入場料について■
たんす屋各店でご予約を承ったお客様、当日着物でお越しのお客様はご入場料1500円です。
ご予約なしで当日いらした方は2000円です。
スムーズなご入場のために、丁度の金額をお出しいただけますよう、ご協力をおねがいいたします。

■会場■お江戸日本橋亭
c0135452_1651897.gif


中央区日本橋本町3-1-6
日本橋永谷ビル1F 03-3245-1278

東京メトロ銀座線、銀座線三越前駅より2分  出口A10番
JR新日本橋駅歩2分、JR神田駅歩7分

■ミカド珈琲日本橋本店にて喫茶ディスカウントサービス!
たんす屋寄席にご来場いただいたお客様から先着順にとケーキセットディスカウントクーポンを差し上げます。
(ご使用は5月5日限定、ミカドコーヒー2・3階でのみご利用可です。)
落語の後は、老舗喫茶でお茶なんていかがですか?


それでは、明日受付にてお待ち申し上げております!
[PR]
by kimonods | 2008-05-04 16:52 | イベント情報
■□Tokyo135°□■
こんにちは☆*
年に一度の大型連休真っ只中!みなさんいかがお過ごしですか?♪

本日はTokyo135°より、単衣×KDSのご紹介です+。°
6月になれば袷のお着物は一休み・・・いよいよ単衣着物の出番です!
c0135452_13401436.jpg
とってもモダンなリング模様!
ポップな配色が印象的な夢見る単衣のお着物です♪
半衿・帯はミントグリーン、爽やかさをプラスしました。
帯周りのアクセントには、カラフルなトンボ玉の帯締めを。

単衣きもの・・・¥10,500
KDSと組み合わせれば、¥24,150で一式揃ってしまいます♪
夏を迎える前に、単衣きもので爽やかに初夏を過ごしてみませんか?☆**


5月に入り、Tokyo135°小物作家の新作アイテムも続々と入荷しています!
c0135452_13405983.jpg
こちらは、いつもキュート&ポップなアイテムで人気の*ハレトケ*新作髪飾りです☆
これからの季節にピッタリなハッピーカラーが勢揃い♪

髪飾り(ハレトケ)・・・¥1,365~

その他、*ボタンイロ*も飾り紐や帯飾り・レース重ね衿など、
新作を続々と入荷しています!
もちろん夏の浴衣や帯なども、豊富に取り揃えておりますので、
原宿にお越しの際は、是非Tokyo135°へお立ち寄り下さい☆
スタッフ一同、心よりお待ちしております♪*

□■□Tokyo135°□■□
東京都渋谷区神宮前4-25-35 メイプルスクエア2F
TEL:03-3479-2767
12:00~20:00(毎月第二火曜日定休)
HP:http://www.tokyo135.com
[PR]
by kimonods | 2008-05-04 14:07 | おすすめセット
落語の”ら”!~橋上寿子さんにインタビュー!~
■□橋上寿子さんインフォメーション□■
c0135452_15131645.jpg橋上寿子
ライター&デザイナー、たんす屋寄席のコーディネーターもつとめる。
ラジオ番組制作会社勤務を経て、主に放送原稿執筆、情報リサーチをしている中、ブーム情報ネタを探す中で落語の魅力に気づき、今にいたる。
落語とのファーストコンタクトは小学生の時の「パリ名人会」


◆ブログ ◆1966年を生きる方法 http://la-demi-lune.cocolog-nifty.com/

鈴々舎馬桜さんとともにたんす屋落語寄席を企画され、落語をはじめとしたライター活動をされている橋上寿子さんに落語の基本情報・・落語の“ら”についておうかがいしてみました。
今回のたんす屋寄席で、はじめて落語を体験されるというお客様、要チェックです。


Q1.落語とは?

一言で言うと、オチのついている物語です。 「落ち」がある「物語」=「落語」ですね。
江戸時代に確立した「演芸」です。伝統芸能ではありますが、歌舞伎や文楽などに比べて普通の言葉で語られる物語は敷居も低く、とっつきやすいものです。

最近は「タイガー&ドラゴン」や「ちりとてちん」といったドラマで身近な感じになりましたよね。
なので「落語に行く」というのは「お話のプロの話す、面白いお話を聞きにいく」という体験ですね。


Q2. "基本スタイルは?

着物を着た落語家さんが、ひとりで舞台に出てきて座布団に座ってお話をするというものです。一つの話の中で、落語家さんは、1人で何人もの登場人物を演じます。一人で、手ぬぐいと扇子だけを持って、座布団の上だけでひとり演劇をする、という感じですね。

それぞれの お話の題名のことを演目 といいます。
当日に決定することも多いのですが、今回のたんす屋寄席では、事前にコッソリ教えてしまいますね。



Q3. 何を話すの?

内容は、もう!ありとあらゆるものです。江戸時代が舞台で笑える話、というイメージが一般的ですが、親子の情愛なんかを扱った泣けるものや、恋愛モノ、現在を舞台にした日常的なお話、シュールなお話までさまざまです。
江戸時代の職人の恋物語から、会社でのOLの愚痴、まで、映画にいろいろな種類があるのと同じですね。
大きい分類としては、江戸時代頃に基本の形が作られた「古典落語」(「まんじゅうこわい」や「じゅげむ」などが有名ですね。)と、主に戦後から現在まで作られつづけている「新作落語」に分かれています。


Q4. 落語の魅力って・・?

落語にはいくつもの魅力があると思うんですが、 「物語を聞く」 という体験の魅力、その物語を語ってくれる 「落語家さん」の魅力、 「気軽に楽しめる娯楽であること」、などがあげられますね。
特に、中でも落語家さんの魅力というのは強いです!
はじめは「落語を見に行こう」から、段々落語を好きになるに従って「だれだれを見に行こう」と、誰でも必ず変わっていきますから。

落語家さんは、その経験に従って、前座(ぜんざ)→二つ目(ふたつめ)→真打(しんうち)と上がっていくんですが、今回のたんす屋寄席に登場されるのは「二つ目」の方たち。

「真打」の手前の「二つ目」の段階は、一番自由にいろいろなことにチャレンジして冒険できる時期でもあるんです。独特の勢いがある芸風と今ならではの輝きがフレッシュ!

気に入った二つ目落語家さんを見つけて、落語家さんの成長を観て行く、という楽しみ方もできるまさに発掘のチャンスかもしれませんね。
がんばっている「二つ目」さんたちの一生懸命さに、必ず元気もらえちゃうのも良いですよ。



橋上寿子さん、ありがとうございました!
今回の落語寄席も宜しくお願いいたします!

著書: 「恋寄席通い」c0135452_19525842.jpg

オトメたちよ、恋するように落語を観よう!落語ビギナーにとっても優しい指南書です。
落語についてもっと知りたい、魅力的な噺家さんて、どんな人がいるの?
そして、たんす屋寄席以外だと、どこで落語が見れるの?
そんなギモンをお持ちの貴方にぜひ、おススメです。
[PR]
by kimonods | 2008-05-01 19:57 | イベント情報
|